自己啓発語録

グレン・グールド最高

最近クラシックをよく聞くようになりました。クラシックにハマったのは実は12年前でしたが、
その時1年だけ集中的に聞いていましたが、それから小難しい音楽はもう沢山だということに
なり10年以上聞いていませんでした。とうじはオペラやオーケストラのコンサートにも行きました。
2002年の時の話です。昨日のように憶えていますが、時が立つのは早いものですね。
そして、最近久しぶりに聞くようになりました、モーツアルト、バッハ、ベートーベン、
シューベルト、ショパン、マーラー、ブルックナー、ワーグナーです。
演奏家にあまりこだわると面倒だし正直言ってたいしてかわらないので、
気楽に作業用BGMとして楽しんでいます。

 

そんな中グレン・グールドは好んで聞いている演奏家です。あまり違いは分かりませんが、
グールドは個性的な演奏で特徴がはっきりしていますね。その変人性が話題になるので、
音楽まで魅力的に聞こえてしまいます。実際に魅力的なのですが。

 

気のせいかもしれませんがグールドのピアノを聞いていると心なしか作業がはかどっている
気がします。毎日の退屈な作業時間のひとときの癒しの瞬間ですね。
心がワクワクして作曲家の本来の意図とは違うかもしれませんが楽しい気分になります。
やはり音を楽しむとかいて音楽なのだから決して間違っているわけではありませんね。

 

医療事務の職場は女ばかりの職場です。ごくたまに男性職員がいる病院もあるみたいですが、
うちの病院は全て医療事務は女性がやっています。
それなので、派閥がしっかりうまれています。

 

女が三人集まれば派閥が出来るという言葉があるように、
うちの病院は13人もいるので3派閥に分かれていて人間関係も複雑になっています。

 

一番目の派閥は事務長派です。
医療事務で一番偉いポストに居座るボス的な存在です。
彼女とその取り巻きが一番大きなグループになっています。

 

そしてもう一つはベテラン医療事務派ですl.
これは事務長より勤続年数の長い医療事務が立ちあげたグループで、
平均年齢も高いです。
何かを決める時このグループの事を無視することは事務長でも難しくなっています。

 

 

そして最後は新興勢力の若手グループです。
ここは若くて勢いはありますが、他のグループに比べて力は弱いので、
2つの大派閥が抗争するときにどちらかにくっついて相手を攻撃する腰巾着的存在です。
しかし将来世代交代があるとき主流に取って代わるかもしれません。

 

こんなかんじで、今は2大派閥の冷戦状態にあります。
いつ激戦に変わるか分からない状況ですがなんとか和気あいあいと楽しくやっています。

 

医療事務講座

 

 

 

続きを読む≫ 2014/07/31 20:14:31

催眠とカウンセリングは似たような世界です。心理を勉強する人にとっては
興味深いのではないでしょうか?ちょっとうさんくさい感じもしないでもないですが、
やはり隣接した分野であることは確かですね。

 

チクセントミハイなどがこの分野の賢威と言って良いでしょう。
催眠術を勉強したいという人の目的は結構邪な動機が多いのが現状です。
中には悪用することを考えている人もいますが、コミュニケーション力の上達は期待できても、
魔法のような事はできないので、多くを期待するとがっかりすることになるかもしれません。

 

しかしながら勉強する価値は全くないのかと問われると否と答えたいと思います。
人間心理を研究する人間としてカウンセラーとして一流になりたい人にとって催眠とは
奥深い技術を身につけるための一つの近道でもあります。

 

もしかすると回り道になるかもしれません。
でも学んでおいて損はないでしょう。プロとしてこういう技法を身につけるのは、
実践と試行錯誤が必要なので、一朝一夕には行きません。

 

怪しい講座や通信教育、DVDなどで学べる内容でもありません。
中にはぼったくり講座もあるのでダマされないように注意してくださいね。

 

心理カウンセラー 資格

続きを読む≫ 2014/06/10 17:26:10

こんにちは。ネイリスト2年目の22歳の女子です。このしごとを初めて今月で1年3ヶ月が経過しました。
最初は右も左も分からない私にも後輩が出来るようになりました。女だらけの職場は
嫉妬や派閥が渦巻く世界でお局の圧力もあったり色々大変ですがなんとか頑張っています。

 

そして今月また新しいネイリストがネイルスクールを卒業してうちのサロンに入ってきました。
初めての教育担当になるのがこの私です。私は自分に甘いですが、人のことはよく見えるので、
しっかりスパルタで鍛えてやろうと思っています。

 

泣いて辞めるといいださないように力加減には気をつけようと思っています。
しかし新人を甘やかしてしまうと本人のためにならないので、言うべきことはしっかり
言わせてもらおうと思いました。

 

そして初対面の時挨拶がなっていないのを見て私はぴくっとしました。
しかしまだ初日で緊張しているのだろうと思いそこは見逃してあげました。

 

それから掃除を教えました。サロンのそうじもネイリストの立派なお仕事です。
掃除もできないうちにお客様の施術をしようなんて100年早いのです。
しばらくして見に行ったら全然なっていませんでした。
やはり新人の子は常識が無いようです。

 

まずは技術云々以前の話です。そんなことではネイリスト失格だぞと厳しくしかったら
泣いてしまいました。

 

 

ネイリストになるには

続きを読む≫ 2014/06/03 19:16:03

私はネイルが大嫌いです。爪に異物を塗るなんて信じられません。なので友達がネイルアートを
やりたいなんて言った時におもいっきり反対して嫌な顔をされてしまいました。
私はアレルギー体質なのでおそらくネイルアートを施されるとなんらかのアレルギー反応が
出てしまうことでしょう。どうやってもアレルギー反応は回避することが出来ないのでつらいですね。

 

友人は私をネイルの練習台にしたいみたいですが、絶対に嫌ですね。自分がネイルが出来ない体質
だとしってしまうとネイルアート自体も嫌なものに見えてくるから不思議ですよね。
私はファッションは嫌いではないんです。ゆるふわパーマを当ててきれいめお姉系ファッションをしているので
ネイルアートをしていてもおかしくありません。しかしあれは人間のつけるものに見えないのが不思議です。

 

最近ではジェルネイルとうものがあまりアレルギーが起こらないそうですが。嫌いになってしまったので
たとえ普通に付けられても今ではもうイヤですね。ネイルアートをやっている人には偏見はないのですが、
ネイル自体に偏見を持ってしまったこの悲しい性をどうにかしたいです。
私も友達にネイルアートを教えてもらえればきっと好きになるかも。

 

ネイル資格ガイド☆スクール&通信一括資料請求はこちら

続きを読む≫ 2014/05/10 13:10:10

心理カウンセラーというと心理分析が得意そうですね。心理分析はプロファイリングなどと呼ばれて
欧米の警察では犯罪捜査などで使われていたりします。この心理分析はどのような人が行っているのかというと
心理分析捜査官などが行っています。アメリカの大学院でみっちり心理学を勉強してこの仕事に就くそうです。

 

よく海外ドラマなどに出てきたりします。たまに見たりすると面白いですね。海外ドラマは長すぎるので
全部見ようとすると大変ですが、2,3話みてみると心理分析捜査官の働きが分かるので面白いですよ。

 

そして日本では心理分析官のような仕事はあるのでしょうか?日本の警視庁はアメリカほど先進的では
ないのでそのような捜査は取り入れていないかもしれないですね。もしかしたら取り入れていて公表して
いないだけかもしれません。

 

心理カウンセラーの仕事もあるいみ相談者の心理分析をしないと心の奥底にある問題にたどり着けません。
どんなことがその人を苦しめて悩ましているのかしっかり捜査しないと相談時間も相談者のお金も
無駄にしてしまいます。それをムダにしないような責任が心理カウンセラーにあります。
どんな仕事もお金をもらう以上は責任をもって取り組みたいものですね。

 

心理カウンセラーになるには*こんなスクールや通信講座はダメ!

続きを読む≫ 2014/04/22 23:06:22

私は40歳の無職の男性です。今在は実家ぐらしをしています。両親はもうとっくに定年を過ぎていますが、
まだ働いています。私はこの歳まで親に甘えて来たので早く自立したいと思うようになりましあ。
本来であれば20年前に独立してしかるべきなのですが、そうならなかったのは残念です。

 

独立するためには、安定した収入が必要です。そしてそのためには仕事を見つけなければなりません。
しかし40歳で職歴のない私を雇ってくれる人のいい企業は残念ながらありません。
それなので、なにか開業できるような手に職をつけられる資格がほしいと思いました。

 

そこで見つけたのが柔道整復師です。整体師と迷いましたが、整体師の資格は怪しいし、柔整師は
ちゃんとした国家資格なので、これを取れば間違いないだろうとおもい決めました。

 

柔道整復師の資格を取るためには学校に行かなければならないのですが、
授業料と入学金合わせると300万円程かかってしまいます。これは出世払いということで、
なんとか親に出してもらおうと思います。

 

年老いた親に学費を払ってもらうのは多少気が引けるのですが、
沢山稼いで倍にして返すので問題ないでしょう。

 

整体師資格

続きを読む≫ 2014/04/17 19:55:17

私は27歳で六本木でキャバ嬢をやっていました。毎晩酔っ払ったお客さんの相手をしたり、
セクハラを我慢したりして愛想を振りまいて接客してきました。
そして指名もとって結構高収入を稼いでいました。住まいは西新宿の高級マンションで、
家賃が20万円する物件です。

 

でも最近では歳を取ったためか段々指名数も少なくなってきました、キャバ嬢をはじめてから5年
たちますがこの仕事はずっと続けられるわけではないので将来に対して不安を抱いています。

 

それなので資格をとって給料が安くても長く働ける職場に就職したいと思っています。
その候補はネイリストと医療事務でした。ユーキャンの資格講座のサイトを見て参考にしました。
ネイルは私はサロンに通って良くしてもらっているのですが、手先が不器用なので、
多分ダメでしょう。美術や工作の成績も悪かったです。

 

なので医療事務になることにしました。
医療事務は誰でもある程度勉強すればなれそうですし、難易度も難しくなさそうです。
勉強するのは10年ぶりなので最初は戸惑うかもしれませんが出来そうです。
収入が激減すると思いますが、これからは節約して家賃の安いマンションに引っ越そうと思います。

 

医療事務の一括資料請求@失敗しない講座選びのために

 

 

続きを読む≫ 2014/04/14 23:03:14

私は今年で34歳になる男性です。長年フリーターとして引越し、コンビニ店員、ネットカフェ、
スーパーなどでコツコツ頑張って働いてきました。
職業に貴賎はないとはいいますが、やはりアルバイトと言う立場は不安定だし、
年下の社員からも見下されるので屈辱を味わってきました。それに立ち仕事や肉体労働はもう沢山です。

 

私は以前から椅子に座って働くホワイトカラー職に憧れていました。
それなので事務員になりたいのです。しかし世の中は不公平です。女性ばかり事務員に採用して
男はきつい仕事ばかりやらされます。これは逆職業差別ではないでしょうか。

 

女性の権利ばかり声高に叫ばれていますが、楽な仕事は全部女性が持って行っています。
私は給料が多少安くても楽で安定している仕事がいいんです。

 

それなので医療事務を目指したいと思っています。
資格さえあればなんとかなりそうなので、診療報酬請求事務能力検定を受けて見事合格します。

 

そして待遇のいい福利厚生のしっかりした病院で医療事務として就職したいと思います。
きっとうまくいくんじゃないかと思っています。なぜなら医療事務の最高峰の資格を取得するからです。
これは現役の医療事務員ももっていないので面接前に取っておけばインパクトは大きいですね。

 

医療事務資格

続きを読む≫ 2014/04/13 10:30:13